世界のサッカー選手特集 第一弾

ブエノスディアス! オラー! ブエナスタルデス!
アイエー住宅販売 上原です!
この言葉はスペイン語で、
おはようございます! こんにちは! こんばんは!
という意味です。
という事で、今日はヴィッセル神戸に移籍して話題急上昇中のサッカースペイン代表イニエスタ選手の紹介をさせていただきます。

 

「イニエスタ」の画像検索結果

本名 アンドレス・イニエスタ・ルハン
出身 スペイン・アルバセーテ県フエンテアルビージャ
年齢 34歳
身長 171cm(僕と一緒です)
体重 68kg
在籍チーム Jリーグヴィッセル神戸
ポジション 攻撃的ミッドフィルダー

 

クラブ経歴

アルバセテ・バロンピエ

8歳のときに地元アルバセテ・バロンピエの下部組織に入団しました。12歳の時に出場した全国大会ではほれぼれするほどのドリブル能力と視野の広さを見せ、様々なクラブから注目を集めました。レアル・マドリードの下部組織に入団する予定だったが、両親の意向で取りやめられ、両親とFCバルセロナの下部組織寮(ラ・マシア)を見学して好印象を持ったことからFCバルセロナに入団しました。

FCバルセロナ

入団当初は守備的ミッドフィールダーだったが、ボディバランス、精密なコントロール、ボールキープの技術などが評価されて攻撃的ミッドフィールダーに転向しました。
U-15チームではキャプテンを務め、1999年のナイキ・プレミア・カップ決勝ではロスタイムに決勝点を挙げて優勝に貢献し、大会最優秀選手に選ばれました。イニエスタにトロフィーを手渡したのは、当時トップチームでキャプテンを務めていたMFジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスターシティ監督)であり、グアルディオラは「今まで見た中で最高の選手」と記した写真をイニエスタに贈ったそうです。グアルディオラはクラブの若手有望株だったMFシャビに「じきにお前は俺を引退に追い込むだろうが、あの坊や(イニエスタ)が俺たちふたりを引退に追い込むかもしれないぞ」と語りかけたのはこの大会時であったと伝えられています。それぐらいイニエスタ期待されていた選手だったそうです。

2002シーズン・デビュー

2002年10月、ルイス・ファン・ハール監督によってトップチームに招集され、10月29日のUEFAチャンピオンズリーグ、クラブ・ブルッヘ戦でデビューしました。そのままトップチームに定着すると、デビュー直後から良質なプレーを見せました。

2017ー18シーズン・退団

2017-18シーズンは新たに就任したエルネスト・バルベルデのプレー時間の管理により、出場した試合では常に好パフォーマンスを披露しました。10月5日、バルセロナと契約を延長し、クラブ史上初の生涯契約を結んだことが発表されましたが、4月14日のバレンシア戦後、自身の去就について退団を決断していることを明らかにしました。退団が確実視される中で迎えたコパ・デル・レイ決勝、セビージャ戦ではメッシのアシストから1ゴールを記録するなど素晴らしいパフォーマンスを見せ、チームの4年連続30回目のコパ・デル・レイ制覇に大きく貢献しました。試合後にはイニエスタへの感謝を示す大規模なセレモニーが行われ、選手やファンが彼との別れを惜しみました。

ヴィッセル神戸移籍

2018年5月23日にはNHKをはじめとする複数の新聞社・放送局が一斉にこのニュースを伝えました。翌日5月24日、記者会見と神戸・バルセロナ両クラブからのリリースで、神戸への移籍が正式に発表されました。東京都内で行われた記者会見では、日本入りに同行した三木谷と壇上で抱き合った後、入団契約書にサインを交わしました
Jリーグ3試合目となる8月11日の第21節・ジュビロ磐田戦の前半15分に、中盤のルーカス・ポドルスキからのパスに反応すると、ターンでDF大井健太郎を躱し、最後はGKカミンスキーをも躱してシュートを落ち着いてゴールへと流し込み、Jリーグ初得点をマークしました。

 

「イニエスタ」の画像検索結果

 

代表経歴

2006 FIFAワールドカップ
2006年5月27日に行われたロシアとの親善試合の後半に途中出場してスペインA代表デビューを果たしました。2007年2月7日、イングランド戦で63分に遠めの位置から放ったミドルシュートが代表初得点となりました。

UEFA EURO 2008
決勝のドイツ戦はフル出場し、1-0で勝利して44年ぶりの優勝を果たしました。また、大会ベストイレブンに選ばれました。

2010 FIFAワールドカップ
決勝のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、スペインは初優勝を果たしました。また大会の最優秀選手賞にノミネートされました

UEFA EURO 2012
チームの主力として活躍し、スペイン代表を2大会連続3回目の優勝に導きました。主要国際大会3連覇というスペインの黄金時代を支えました。

2013 FIFAコンフェデレーションズカップ
スペイン代表は決勝でブラジルに敗れ準優勝に終わるものの、イニエスタはシルバーボールを獲得しました。

2014 FIFAワールドカップ
イニエスタは今大会でもグループリーグ全3試合にスタメンとして出場したが、まさかのグループリーグ敗退をしてしまいます。

UEFA EURO 2016
ラウンド16で前回大会で4-0と勝利していたイタリアと対戦するも敗戦(0-2)、史上初のEURO3連覇は叶いませんでした。

2018 FIFAワールドカップ
決勝トーナメント1回戦で開催国のロシアに敗れて代表引退を発表しました。