目指せ! J2昇格!! ファイトFC琉球!!!

おはようございまーす! こんにちは! こんばんは!
5月に入社しました! アイエー住宅販売那覇支店の上原です!
サッカー、バイク、ビリヤード、ダーツ大好きな27歳です!
お客様との信頼関係を大切にして、お客様に頼られるような接客を心がけていきます!
今回は、現在リーグ首位の沖縄を代表するサッカーチームFC琉球について調べてきました。

FC琉球とは
 FC琉球は沖縄県のプロスポーツチームの中で最も歴史の長いメジャースポーツチームです。
特にサッカーは世界に通じているメジャースポーツとして歴史が長く、全世界規模で愛されているスポーツです。
沖縄では野球やバスケットボールに人気が集まりますが、FC琉球は10年以上もプロの世界で戦っているプロサッカーチームなのです。

Jリーグの階層
 Jリーグは現在J1、J2、J3、JFLなどがあります。
例えば、認知度が高いチームはJ1で日本代表が多い浦和レッズなどがあります。

Jリーグの天国と地獄
 Jリーグは日本のプロ野球リーグとは違って、チームの昇格・降格があります。
例えば、年間を通じて戦ったリーグの成績が悪いとJ1からJ2へ降格します。
J2も同じく成績が悪く下位2チームに入ってしまうとJ3へと降格します。
なので、J1とJ2リーグは常に昇格と降格が義務づけされていて天国と地獄があるシビアな世界です。
※ただし、J3に関しては下位2チームになったとしても降格はありません。

めざすべきはJ3優勝!!
 FC琉球は、今期J2へ昇格を目指しています!
J2昇格を目指せるのはJ2ライセンス交付を受けたチームのみです。
FC琉球はもちろんJ2ライセンス交付を受けているので、成績が1位か2位になればJ2昇格になります。
まぁシンプルにリーグ優勝!を目標に、皆さんで応援しましょう!!

 

選手紹介

元日本代表加入!
「播戸竜二 琉球」の画像検索結果
 オフシーズンの新加入として一番の驚きを与えたのが元日本代表のFW播戸選手です。
昨季J1の大宮(今季はJ2)からFC琉球に移籍。若手が多いチームにとって、すでに世界での経験を伝える精神的支柱となっています。
播戸選手はチーム合流後、選手たちに「J3優勝を目指そう」と告げたそうです。その真意は「やるからには上を目指さないと駄目。浮き沈みのあるシーズンを通して考えた上で、分かりやすく『優勝や』と、目指すところを明確にしたかった。」38歳のストライカーは「琉球は攻撃的なサッカーをする。すごく楽しい。沖縄の人たちが興味を持って一緒に戦っていくという気持ちを持ってほしい。」と熱い言葉で呼び掛けています。

県出身選手の活躍に期待!
「上門 琉球」の画像検索結果
 播戸選手からプロとしての在り方を吸収し続けているのが、県出身の上門選手です。現在21歳。与勝高卒業後、琉球で成長を遂げています。裏へ抜け出してのシュートが持ち味で「3年目で慣れやリズムも感じるようになった。だんだんと特長を出せるようになった。」とし「まずは得点を挙げて出場機会を増やしたい。」と語っています。今季のメンバーで県出身は上門のほかに3年目のMF知念雄太朗や大卒ルーキーのDF徳元悠平がおり「県出身の選手がスタメンに選ばれ、活躍すれば次第に観客も増え盛り上がる。期待に応えることができるよう頑張りたい」と意気込んでいます。

キャプテン朴選手!
「朴 琉球」の画像検索結果
 今季の主将に就いたのは3年目のGK朴選手です。「苦しい時にプレーや行動でチームを引っ張りたい。最後のとりでとして去年以上に貢献したい。」と語り、「ベテランと若手がうまく混ざり合っている。J3優勝は非現実的な目標だとは思っていない。使命感を持ってプレーする。」と頼もしい言葉を口にしました。

最後に
 皆さん!ここまででFC琉球の魅力が伝わったでしょうか?
しかし、実際に足を運んで見てみないとわからないですよね!?
なので、現地へ行っておうえんしましょう!
そして、サポーター達と勝利の杯をかわしましょう!
ということで、FC 琉球が勝ったときに僕がたまに飲みに行く那覇のスポーツバー「カンプノウ」の写真です。

「沖縄 スポーツバー カンプノウ」の画像検索結果

リンク先

https://aia-naha.jp/column/soccer-syounen-2/

https://aia-naha.jp/column/soccer-syounen