沖縄の軍用地投資って?

はいさーい!那覇支店の水野です。
沖縄県に限らず日本全国に点々と存在する【軍用地】について調べてみました。

融資が受けやすい投資物件

一般的な不動産の投資といえば、アパート経営や駐車場など賃貸物件による利回りを考える投資が想像されますよね。
もちろん、賃貸投資だと考えると、賃貸収入に対して物件の購入額がどの程度になるのか、また、アパートだと空き室状況にもよりますので安定しているようで不安定な要素も多く含んでいますね。

また、借り手が多い場所なのか、需要に対して周辺の物件量、つまり供給量がどの程度存在するのか?という点も重要ですね。

すべて整っているところにアパートを建てても、すぐ近くに新たなアパートが建設されてしまう事もありえますよね。

絶対的な安定収入を得られる投資はないので、そこは融資をする銀行なども慎重になるわけです。
貸す側としてみれば当然ですよね。

ところが、この【軍用地】というのは話が少し違ってきます。

軍用地とは…

沖縄県には他の都道府県と比べて多くの米軍施設があり県の面積に対して比重の大きな場所でもあります。この施設がある底地のことを軍用地と呼びます。
国が所有者と借地契約を締結し、米軍施設として提供しています。
また、軍用地の所有者は、歴史的背景も絡み大多数が個人の方々で、国が借地料として年間約900億円を支払ってます。
さらに、この借地料は毎

 

年少しずつではありますが、値上がりしています。

 

色々と時勢的に問題としてあがっている「米軍基地」があるが故に、国が土地を借り上げているわけです。賃貸者が国、しかも施設が米国…これほど安心な不動産投資はなかなかありませんよね。
貸し倒れは考えにくいですし、賃貸人がいなくなることも考えにくい(移転などもありますが…)

誰でも買える投資物件…軍用地

戦後、米軍の占領地となった土地は、所有者の名義のまま強制的に米軍に差し出す形になっていたが、その後返還されて、現在では国が所有者から借り上げ、米軍もしくは自衛隊が使用している。あまり知られてはいないが、軍用地は誰にでも売買できる「軍用地投資」として、不動産投資のひとつの選択肢となっている。

沖縄では新聞や折込広告にに軍用地の販売・買取の広告が多く掲載されています。
「軍用地」という響きで特別な土地に感じてしまいますが、普段から物件情報として目にすることが多くあります。沖縄の人からすると割と当たり前な投資でもあります。  

メリットとデメリットはつきもの

いくら手堅い投資だとしても投資である以上は、デメリットもつきもので、これから購入を考える人はもちろん、今所持している人も手放す時期が来るのかもしれません。

軍用地ならではのメリットは、アパートなどのような修繕に掛かる費用や家賃滞納、空き室による定額収入が入らないという不確定要素がありません。国が支払いますので、滞納や遅延は一切ありません。また、一般の不動産よりは、税金(固定資産税等)も多少優遇されています。
また、もし資金が必要でどうしても売却をする場合は、一般的な不動産と違い、各施設の相場であれば売買の成立は非常に早く、資金を受取る事が可能です。
他の不動産と比べると換金性が非常に高いという事もメリットの一つです。

軍用地ならではのデメリットは、家賃収入の様に毎月の収入があるのではなく、年に一回(毎年8月頃)にしか振り込まれないという事です。毎月の収入を運用される方には、向いていないかもしれません。
それと、長期に収入を検討されている方には、自分が購入した、あるいは購入を検討している施設が返還になって収入が途切れるのではないかという不安もあります。購入する場合には、施設に関する調査をよく確認する必要があります。

沖縄ならではのビジネスのひとつ軍用地ビジネス

沖縄に昔からある軍用地ビジネスについてお話ししてきましたが、先にもあげたようにもちろん軍用地ビジネスにもデメリットはあります。
利回りが悪かったり、50年を見越して軍用地を購入したのに、まさかの返還対象地になったり…
県外の方は軍用地ローンが組む事が難しかったりと、デメリットの部分も様々あります。

通常の土地よりも高額な買物となるので、軍用地の購入を検討されている方は、事前のリサーチが重要です。簡単に決めずに是非とも街の不動産、軍用地に詳しい担当を探したほうが良いと思います。

北は名護・本部、南は糸満まで、沖縄の新築木造住宅のことならお任せください!!

知識と情報量には自信あり

人生で最大の買い物を最高に楽しくする会社

              目印はこちら!!

お問い合わせ先

アイエー住宅販売 那覇支店

☎098-891-8884

アイエー住宅販売 沖縄中部支店

☎098-929-1188