【真栄田岬~青の洞窟~】沖縄本島のダイビングスポット

はいさい!那覇支店の水野です。 早速ですが沖縄県と言えば!海ですよ! もちろん他にも良い所は色々ありますよ?
でも!今回はとにかく海のお話を一つお付き合いください。
沖縄の海は良い所ばかりですよ! まず夏の期間は長いし、透明度が高くて水温も高くて!ゲレンデ効果ならぬビーチ効果と言えばいいでしょうか… かわいい女の子ばかりいるような気がするのは私だけでしょうか?
ビーチの数もいっぱいあるし、砂浜以外にも景色としての海も見るところはたくさんあります。
そんな見どころいっぱいの沖縄の海ですが今回のおすすめ「海スポット」は

【真栄田岬 青の洞窟】沖縄本島のダイビングスポット


ちなみに私、水野は俗にいう「かなづち」という、まぁその…泳げません。
しかしダイビングには文明の利器である『酸素ボンベ』があるじゃないですか!
しかも挑戦するにあたってインストラクターの方も横にいてくれるので、大きな体を委ねようと決心して行ってきました。

先ずは準備ですよ

※↑私ではありません(笑)
普段から体を動かさない私はより入念な準備運動が必要です。 初めてのダイビングで足をつったら、どうしたらいいのか分からずパニックで早速呼吸困難です。


準備運動を終えたらインストラクターから最低限のレクチャーを受けてウェットスーツ、ボンベなどなど装着して岬を下ります。
結構な長さの階段を、結構な重さの装備で降りていきます。
ぶっちゃけもう疲れてますが…

海岸まで着いたら足ひれつけてドーン

初めての海中での呼吸


とにかく落ち着く、呼吸はゆっくり…
「呼吸…できるぞ!(こいつ…動くぞ)」とガンダムを動かせるぐらいの感動と同時に、ちゃんと呼吸し続けられるのかとの恐怖を頭の中で繰り返していて、とても景色どころではありませんでした(;´・ω・)
しかし人間は適応する動物ですね。徐々に慣れてくるとそれは素晴らしい景色が広がってくるではありませんか!
前日から当日の朝までは天気が悪く雨模様だったのですが、真栄田岬は岩場が多く砂の少ない場所なので水中の視界はあまり悪くなりにくいのだとか。

テレビでよく見るあれも体験

あれですよ魚をいっぱい集めるために、魚たちにパンくずとか魚肉ソーセージを出すと…
 
わっさー!!
どこからともなくどんどん集まる(笑)

もうこの時には恐怖心を忘れて楽しんでます。

いざ青の洞窟へ

当然ではありますが洞窟へ向かうのでどんどん暗くなっていきます。
泳げない私をインストラクターの方が一生懸命フォローしてくれて何とか目的地らしいところに到着?
え?暗いだけじゃない?青いのはどこらへん?

振り返れば青い世界


到着した感じでインストラクターの方の動作を見てもいまいち納得いかない
それもそのはずです。何せ前と下しか見ないでグングン進んできたんですから…

そう、考えればわかる事なんですが……見上げたら青い光がバーンなわけです。
写真撮影しているときは「何でここで集合写真なんだ?」という謎に包まれていましたが、海中なので質問もできず帰る時にやっと気づきました(笑)

そんなこんなで初めてのスキューバダイビングは無事に終える事ができました。

はじめは本当に怖くて、死を近くに感じながらでしたが、終わってみると「楽しかった」「また入りたい」「ライセンスがほしい」泳げない私がマリンスポーツに興味を持つなんて思ってもみませんでしたが、まさかの結果です。
泳げない人こそ一度体験してみてほしいです。海への憧れが今までとまた違った角度で感じることができました。

あぁ…そうだ忘れてた…と感じたのは海を出た時の重力ですね。
そして、結構な長さの階段を、結構な重さの装備で登らなきゃいけなかったのデス

 

施設紹介

営業時間 7:00から

設備 更衣室・シャワー・トイレ・コインロッカー・ドライヤー

定休日 1月1日、2日、悪天候時

駐車場 1時間100円/最大180台

TEL 098-982-5339

参考HP 沖縄-真栄田岬公式HP