沖縄県!標高の高い山ランキング!!!!

こんにちは!アイエー住宅販売のタマキです。 日本で一番高い山といえば、富士山!ですよね!!
一度は登頂してみたいです。
沖縄で一番高い山ってなんだろう?とふと思ったので、調べてみました! 高い山ランキング形式で紹介していきたいと思います!

沖縄県標高の高い山ランキング!!!

於茂登岳(おもとだけ)

沖縄県内で一番高い山は、大きな島の沖縄本島にありそうなイメージですが、実は、沖縄でも最南端に位置する八重山諸島の「石垣島」にあります。
その山の名前は「於茂登岳」で、読み方は「おもとだけ」。石垣島では「ウムトゥダギ」とも呼ばれたりします。「ウムトゥ」とは「島の大本(島の大いなる本となる山)」という意味で、八重山諸島の信仰の場所になっているんだとか。

しかし沖縄県内最高峰でありながら、その標高はわずか「525.5m」。ミシュラン三ツ星に認定された高尾山の「599m」よりも低いです。ですが、山頂までの道のりは南国らしい熱帯雨林や豪快な滝が望め、標高差以上に登りごたえがあるんだとか。

石垣に遊びに行った際は是非登ってみたいですね!!

与那覇岳(よなはだけ)

沖縄本島で一番高い山は標高503mの与那覇岳です。

与那覇岳は、沖縄県国頭郡国頭村字奥間字比地に位置する山で、 頂上付近は国の天然保護区域となっています。
イタジイという樹木が大部分を占める自然林には、国指定特別天然記念物のノグチゲラや、国指定天然記念物のヤンバルクイナ、アカヒゲ、カラスバト、ヤマガラなどの野鳥や、植物、昆虫など沖縄固有の種が多く分布し、稀少な動植物の宝庫として世界中の研究者から注目が集まっています。この山を源流とする比地川の流域でも亜熱帯の豊かな自然を楽しむことができます。

ヤンバルクイナや、ノグチゲラ、一度は生で見てみたいものです。

古見岳(こみだけ)

古見岳は西表島の最高峰の山で標高は469.5mあります。
西表島で一番の神様がいるといわれています。
入山者は少なく、他の登山者とすれ違うことはまずないんだとか。

西表島ならではの植物もたくさん見ることができます。
頂上からは黒島や新城島などの八重山の島々を見渡すことができます。運がいいと波照間島が見るんだとか。
頂上で昼食と休憩をとり、元来た道を戻ります。 登山口に帰着後、時間の余裕がある場合、西表野生生物保護センター見学・古見のサキシマスオウノキ群落観察・後良川のマングローブ林観察などを楽しめます。

八重岳(やえだけ)

八重岳は、沖縄県国頭郡本部町と名護市にまたがる標高453.3mの山です。
「ひとあし、お咲きに。」をキャッチフレーズに1月中旬から2月上旬に開催される“日本一早咲き”の本部町八重岳(もとぶちょう・やえだけ)の桜祭りが楽しめる人気の観光スポットでもあります。

1月になると八重岳周辺およそ7000本ものカンヒザクラが一斉に開花し、道路わきからせり出し、アーチ状にしなった桜の枝はまるで桜のトンネル。すごく綺麗です。

裾野から山頂近くまで車で行くことができ、人気のドライブスポットとしても有名です。
イベントでは「ミス桜」の発表や「地元民謡の石くびり大会」のほか、「桜いちばん歩け歩け大会」、アーティストのライブんなど、さまざまな催しも開催されていて楽しめます。駐車場も確保されているので、車から降りて散歩も楽しめます。

まとめ

以上、沖縄の標高の高い山ランキングでした!!
内地の山に比べると、全然標高は高くないですが、南国ならではの植物や、動物、景色など楽しめると思います。是非上位の山は全部登ってみたいですね。

特に八重岳の桜祭りは、僕も毎年行っていて楽しいのでオススメです!!!