沖縄の観光スポット!美ら海水族館!

こんにちは!アイエー住宅販売 那覇支店の玉城です。
沖縄の綺麗な海、北部の大自然や文化の体験もでき、イルカショーなどのイベントも楽しめる海洋博公園。その海洋博公園の中にあり、観光客や地元県民のあの人気スポット。
美ら海水族館!!

今回は、沖縄美ら海水族館について調べたので記事にしていきたいと思います。

世界最大級の大水槽

黒潮の海

正面にあり、いろんな角度から観覧できる超巨大水槽
ここでしか見ることのできない巨大なジンベイザメや、ナンヨウマンタ、優雅に泳ぎ回る多種多彩な魚たち、感動的な光景が見れる巨大アクリルパネルは、深さ10m、、幅35m、奥行き27m、容量7500㎥と世界最大級。
ジンベイザメの上を向いて餌を食べる光景は何度見てもすごいですよね〜。

黒潮の海とは、
日本近海の中でも最大の海流、海水の温度が高く豊かな生態系を生み出しています。ナンヨウマンタの繁殖に成功したのは美ら海水族館が世界初なんだとか、、

生まれ育った沖縄県、こんな小さな島で『〜世界初!』って聞くとなんかすごく誇らしい気分になります笑

サンゴの海

約70種ものサンゴを飼育しているエリア。こちらの水槽は屋根がなく、強烈な沖縄の日差しを取り込み、海から新鮮な海水を直接供給する構造になっていて、サンゴ礁の大規模な飼育を可能にしているんだそうです。

この美しいサンゴ礁の風景、飼育員が実際に海に潜って見たサンゴ礁の風景を参考して作っているんだとか、、
いやはや素晴らしい。感動です。

他にも深海の神秘的な世界を楽しめるエリア、キモいやついっぱいいます笑

危険なサメのエリアや楽しめるエリアがたくさんあります。

オキちゃん劇場

イルカショー

東シナ海をバックに繰り広げられる、 可愛いイルカたちによるダイナミックなショー、水中のイルカをガラス面から観察しその泳いでいる姿も楽しめます。水深が2m増したショープールでは、高くジャンプするイルカたちに魅了されます。また雨よけと日よけが設置されていて快適にショーを楽しめます。

 

1回のショーが15分程度と短めで、開始時間も決まっているので、HPか 美ら海水族館のパンフレットで確認して行くと良いと思います(^ ^)
美ら海水族館に来たら絶対見て欲しいもののひとつです。
僕が見に行った時は、時間もあったので30分前から前の方に座っていました。プール越しに、じーっとこちらを見てるイルカが1匹いてめちゃ可愛くて癒されました笑
席数は結構あると思いますが直前になると混むので、前方で観たい人は早めに着席しておいた方が良いと思います。
前に座ると水しぶきで濡れちゃう場合もあります笑
余談ですが、オキちゃん劇場の近くには、有料でイルカにエサやり出来るところも有ります。

マナティー館

ここで見れるマナティーは草食性の哺乳類、 成獣の大きさは3~4.5m、体重300~1,000kgになります。なかなかでかいです笑

SONY DSC

国際保護動物に指定されていて現在絶滅危惧種。ここのマナティーはメキシコ生まれで、メキシコ政府から日本国民に寄贈されたんだとか。 メスの「ユマ」は2001年に当館で生まれましたそうです。 1階フロアーでは、水上からマナティーを観察できるほか、地下の水中観察室からは水中での行動を観察できます。
また、「ユマ」の産まれた時の映像も見れます。

ウミガメ館

大水槽にはウミガメを繁殖させるための産卵用の砂場をあって、カメが産卵に上陸します。世界中に7〜8種類いるといわれているウミガメ。ウミガメ館では、アカウミガメ、タイマイ、アオウミガメ、クロウミガメ、ヒメウミガメ、などがいます。

地下の観覧室では、ウミガメについて調べたいろんな調査結果についてもパネルで紹介しているので必見です!

まとめ

沖縄県民なら一度は行ったことあるであろうと勝手に思っている美ら海水族館。まだ行ったことない方はもちろんですが、行ったことある方でもサンゴの成長や、増える魚たち、イルカショーも日々芸が成長しているとのことなので、2度3度行っても新鮮で楽しめると思います(^ ^)
ご家族、カップル、友達同士など一緒に行く人によっても楽しさが変わる場所だと思います。

沖縄美ら海水族館のお得な情報が出ているコチラもご一読ください♪